応援よろしく

明日への活力。応援よろしくお願いします→にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

バスフィッシング

ハネラバ

更新日:

最近、琵琶湖で大流行のハネラバ。

ハネラバってなんだろう?ってずっと疑問だったんですがわかりました。

最初はハネラバっていうラバージグがシマノからでているので、ルアーそのものがはやっていると思っていました。
でも、どうもちがう???
知り合いに効いてみたりしましたが、スナッチさせるとか、ホンガリングと一緒だとか。。。。

でも、わかりました。

要するに、リフトアンドフォール。

エギをしゃくるようにしゃくることによってバスに気づかせ、
フォール中もしくは、ボトムへコンタクトしたときに口を使わせるテクニックのようです。

このテクニックのミソはラバージグであることでしょう。
しゃくりで大きくアピールし、ラバージグの弱いアピールで口をつかわないバスを獲る。

ということは、ボトムコンタクト後は、しばらく間を空けるべきでしょうね。

アクションは派手だけど、繊細な釣りのようです。

点の釣りではなく、線の釣りであるところが、今の琵琶湖で流行る理由だと思います。

私もそうですが、すでに同じことを実行している人もいたと思います。
ただ、「ハネラバ」という言葉を作ることによって、テクニックとして確立したのでしょう。
概念化は大事です!

 

アドセンス336




アドセンス336




ブログ村

応援よろしくお願いします→にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

-バスフィッシング

Copyright© 続・琵琶湖バスフィッシングブログB3(ビースリー) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.