応援よろしく

明日への活力。応援よろしくお願いします→にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

バイブレーション

バイブレーション

更新日:

アメリカじゃあ、クランクとバイブレーションって同じカテゴリーですしね。

自分の中でのバイブレーションは、あくまでサーチベイト!

バイブレーションは釣れなくても構わないルアーになっています(笑)
どういうことかというと、投げて巻いて良さそうなウィードを捜すために使ってます。

釣る気でいるときはクランクの出番。
レンジごとに使い分ける必要があるのでめんどくさいですけどね。
リトリーブスピードを調整出来るのでクランクのほうが好みです。

バイブレーションって構造上2mぐらいまでが使い易いですよね。
それより下は、クランクの出番。

ラッキークラフトのLV500なんていう深いところで使えるバイブレーションもあるにはありますけど、
特殊なバイブレーションといえます。

そういえば、フローティングのバイブレーションもあるってしってます?
ミスティーやシマノやジャッカルのバイブレーションにあったりします。
(他はわすれました)

浅いレンジをバイブレーションで釣りをする人はほとんどいないので、効きますよ~!
フローティングタイプの使い方もできるんで、なかなか面白いです。

バイブレーションもいろんなものが販売されていますが、どのような差があるのでしょう。

まずは、ルアーの大きさと、自重。比重でアクションできるレンジが決まります。

アクションからみれば、ローリング系とウォブリング系に分けることができます。

ほとんどのバイブレーションは立ち泳ぎなんですが、たまに横に泳ぐバイブレーションもあったりします。

あとは、音ですね。コトコト、ジャラジャラ、サイレント。

自分が好んで使うバイブレーションは、

ジャラジャラはでに音が鳴る。
重くもなく軽くもなくストレスなく使える。
2mより上のレンジを狙える。
できるだけ小ぶり。
ウィードが絡んでもよく泳いでくれる。

そんなタイプのバイブレーションがスキです。

タックルは、硬いロッドが自分の基本です。
ウィードをブチブチ切って使いますから。

ちなみに自分のバイブレーションのスタイルでは、数こそ釣れど、でかいのはかけたことありません(笑)

さて、皆さんはどんなバイブレーションお好きですか?

アドセンス336




アドセンス336




ブログ村

応援よろしくお願いします→にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

-バイブレーション

Copyright© 続・琵琶湖バスフィッシングブログB3(ビースリー) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.