日記

琵琶湖が“深呼吸”

投稿日:

このサイトは琵琶湖でのバス釣りブログです。

今回は、琵琶湖の情報を拾ってきました。

今シーズン、琵琶湖の全層循環は早かったそうです。バス釣りにどう影響しているのでしょうか。

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センターは23日、琵琶湖の上層と下層の水が混ざる「全層循環」が確認されたと発表した。下層にまで酸素が行き渡ることで生態系が維持され“琵琶湖の深呼吸”とも呼ばれる。今年度は過去10年で最も早く、昨年末の冷え込みや台風などが影響したとみられる。

同センターが22日に琵琶湖北西の高島市今津沖で調査したところ、複数地点で湖底付近の酸素濃度が1リットルあたり10ミリグラム以上にまで上昇しており、上層と下層の湖水が混ざる全層循環が確認された。

春から秋にかけて上層で水温が上昇し、下層と水温の隔たりが生じると、湖水が循環しにくくなり下層の酸素濃度は徐々に低下。冬の水温低下と季節風の影響で上層と下層の水が混ざることで、全体の水温と酸素濃度が均一化される。

平成19年度以降、全層循環は例年1~3月に確認されており、今年度は過去10年間で最も早かった。

同センターによると、昨年11、12月の平均気温が例年より低かったことと、昨年10月の台風21号の影響で湖が撹拌(かくばん)されたことにより、上層と下層の水温の差が小さくなったことが影響したとみられる。

産経ニュースより引用

応援よろしくお願いします→にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

アドセンス336




アドセンス336




ブログ村

応援よろしくお願いします→にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

-日記
-

Copyright© 続・琵琶湖バスフィッシングブログB3(ビースリー) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.