釣行記

リハビリ

更新日:

バスはどこにいるのでしょう(笑)

かなり、うろついたことで、大体わかってきました。

自分なりの結論としては、今年の琵琶湖は遅いようです。

例年より、ウィードの育ちも遅く、水温も少しひくいらしい。

いつもなら、もっと沖に散らばっていてもよいはずだが、まだシャローちかくにのこっているようです。

さらに、雨と風でかなりの濁りがはいっているようです。

ところが、雨の量が多いため、雨が降った翌日は、かなりの放水量。

下物の水が澄んだ状態を見たのは何年振りでしょう(笑)

水がきれいになるのはよいのですが、湖北の水はつめたいので、急激な水温低下はマイナス要素。

ベイトも一緒に入ってきているのでプラス要素もあります。

結局のところ、プラス要素もマイナス要素もたくさんありすぎて、よくわからん!
というのが、現状です。。。

逆に言えば、いろいろ楽しめるというのが今の琵琶湖。

環境が落ち着いてきたら、きっと爆発ですね!

アドセンス336




アドセンス336




ブログ村

応援よろしくお願いします→にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

-釣行記

Copyright© 続・琵琶湖バスフィッシングブログB3(ビースリー) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.